2014.03.04

2014.02.13

2014.02.06

愛想笑い「できる」こと

泣くことは、一人でもできる。泣いて泣いて、何かが発散してしまえば、荷物は軽くなる。

笑うことは、一人じゃできない。
自分が笑っている顔を、声を、聞いてくれる対象が必要だ。
それは言い換えれば一人で笑ったって何も起こらないということ。
愛想笑いは、あんまし良くは無いもの、という印象を持ちがちだが
対象がいない愛想笑いはできない。
相手の感情を少しでも和らげたいのに、笑わないわけがあるか。

以上誰にも理解されないポジティブでした

2014.01.31

迷言0001

エゴサーチをして得る喜びが悲しみより多い場合
エゴサーチをするべきである。
エゴサーチをして得る悲しみが喜びより多い場合
エゴサーチはするものではない。

エレクトロ寄りのボカロ曲のトレンドは

いわゆる「EDM」というジャンルに偏りつつありますね.こないだtractixという曲を拝聴しましたがそんなん.

tilt-sixさんのエレクトロサチュレイタという曲の動画には
「ミクノポップ」「テクノポップ」タグはついていません.
それで20万以上PVしてる.
古参の脳だとミクノポップはストライクゾーンっていう概念しかないから
まぁそろそろその概念を自分で打ち破る必要があるのではないかなぁとは
思います.ああいうギュインギュインしていながら叙情性がある
曲がはやるんだと思いますね.


まあ僕は再生数など気にせず僕と僕のミクお嬢が作りたい音楽だけを
するつもりですけどね.(だんだん負け惜しみみたいに聞こえてくるのが
悩み^^;)

じゃけん動画とかでカバーできるように頑張りましょうね〜

2014.01.29

新曲「Urban Stroke」アップしました。

新曲きいてちょ


東京に生まれて本当に良かったと思っている.今,四ツ谷駅から麹町の通りを歩いている.このブログを見てくれている方がいるとしたら,僕の最近のネガティブなpostに心配してくれているかもしれない.でも今はすごくポジティブな気持ちにいられてる.僕の夢見る街とはこういう街だ.そして僕は信じている.サイバー都市として完成するのが最も早い都市は間違いなく東京だと思う.いつもわけわからんことばかり歌詞にしていると思われるだろうが,きっとこの街がそうなると僕は確信している.そんな街に生まれて(本当は生粋の茨城っ子なんだけどw),都会の空気,ブレスオブアーバンに触れて,僕も街とともに変わってゆく.ああ素晴らしい.若者が自殺する理由が分からない.これからたくさんのつらいことがあったとしてもつらいことの分たのしいことが起こるに決まっているじゃないか.僕にとってそれは例えば動画をアップロードするまでとアップロードのボタンを押す瞬間だ.そういう瞬間のために僕は悩みたいと思う.苦しみたいと思う.まあその道のりで自殺したら天国で楽しいことがあるに決まっているのだろう…あれ話が噛み合ってなくないか?
まあ,とりあえず今声に出して言いたいのは,東京は世界最高の都市だということだ.

2014.01.28

無題

最近,正直言って半ば鬱というか,心が痛くなる(ガチでヤバい方々には本当に申し訳ない感じだが)時が結構増えて,成人していろいろ焦りとかもあるんだけど
そのたびに高校の頃からハマっているアジカンの歌を漁ってみて
助けられます.心のよりどころです.
さっきニュースで中国で鬱病の自殺者が25万人とかやっていたけれども,
そういうコンテンツに触れられる前にいためつけてしまうのかなあ.
音楽とか美術とかアニメでもなんでも良い.心が豊かになれるものを
一つ持っておくことは本当に大切だと思います.


さてもうちょっと作曲頑張りますね
ミクさ〜んおまたせー

2014.01.23

備忘録

Microsoft Expression Web 4 でDesignedテンプレートを使ったときのやつ

<!-- #BeginEditable "doctitle" -->から<!-- #EndEditable>
<title>タグを指定してる。

<!-- #BeginEditable "content" -->から<!-- #EndEditable -->
ここがメインに書き込める場所。

基本的にBeginEditableからEndEditable以外がテンプレートとして指定されている。


で結局どうやって同期とっているかというとExpression Web 4のソフトが
同期取っていたっぽい。非常に真顔だったすみません

2014.01.22

環境音って

いいよね

2014.01.21

慢心はよくない。

写真.JPG
あの時もっと頑張っていればとつくづく思う

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。